PS3「SIREN: New Translation」 - プレイ感想、3D酔い克服

Siren-NT_PS3-Jacket.jpg

僕の目的はストーリーとアーカイブ集めであったため称号所得まではやり込んでいない。その上での感想。

1年程、PS4のゲームを遊んでいたが、久々にPS3の積みゲーを消化したくなった。今回選んだのは「SIREN: New Translation」(サイレン:ニュートランスレーション)。過去に2度買ったゲームで、2回挑戦したが、共にエピソード1か2で3D酔いし売却した。しかし、このゲームに収録されている曲 「恋の三角海域SOS」をどうしても自力で聞きたかったので昨年再び購入した。

今回も3D酔いしたが、それを我慢し乗り切った所、途中から酔わず最後まで普通にプレイできた。慣れる事で3D酔いを克服できるのかもしれない。




プレイ感想


元となったPS2「Siren」と比べるとゴリ押しでいけるため難易度低下は良かった。(最近、隠れまくるタイプのステルスゲーが好きじゃなく、トロフィーを考えずに適当にできるゲームがやりかったかった)

グラフィックは「Siren」と比べると格段に向上しているが怖くなくなる。「1」や「2」の実写を取り込んだ感じにみせた顔の方が怖い。おどろおどろしさがなくなった。ストーリーも「Siren」と比べると、操作キャラクターが少なくなり、難易度低下により短くなったのが残念。ストーリーの味わい深さも減少している。

良かった所
・PS2「Siren」と比べると難易度が低下、戦闘でゴリ押し可能になったためストレスが低下
・曲「奉神御詠歌(New Translation版)」&「恋の三角海域SOS」が良い
・アーカイブの内容を楽しむ面白さは健在

悪かった所
・視界ジャック固定など、移動中の画面分割時にフレームレートが低下する(右側の屍人視点が激しく上下するのも関係あるかもしれないが、かつての3D酔いの原因はこれか?)
・ネイルハンマーの弱体化
・羽生蛇村そのものが事故物件であるのはキープできたがMAPが狭くなったと思う。終盤の家の上に別の家を無理矢理移築した違法建築も建物の高さや広さが感じ取りにくい(カメラワークの変更だけではないと思う)。
・操作キャラや屍人のルックスが過去作と比べると不気味ではない
・PS2「Siren」と比べると、ボリュームの減少により深みがなくなる

次回作が出るなら、ゴリ押し可能を維持しつつ何かしらで難易度を上げ、ボリュームと恐怖の追及をしてくれると嬉しい。

クリア&アーカイブ集めをするだけなら、初めての人でも15時間あればいけると思うので、中古やデジタル版を買うよりも月額料金が下がったPS Nowで一気に遊び、その後別のゲームを楽しむ方がいいと思う(もしやるなら加入前にこのゲームがあるかどうかをチェックしてみてね)。それか難しいのを覚悟でデジタル版でPS2「Siren」を買って遊ぶ方がいいかも。


バミューダ3 - 「恋の三角海域SOS」



サイレン ニュー トランスレーション 公式ガイドブック
ファミ通書籍編集部
エンターブレイン (2008-09-13)


SIREN R:New Translation オリジナルサウンドトラック
ゲーム・ミュージック, 柚楽弥衣, 倍音S
SMD jutaku(SME)(M) (2008-08-27)



関連


最近プレイしたゲーム、「Siren」1&2、「アーカム・ビギンズ」DLC、「ギアーズ3」、「Dead Space」

最近は主にレトロや一昔前のをプレイした。 「EXVS FB」 → 「サイレン」 → 「サイレン2」 → 「Batman:AO CCH」 → 「Gears of War 3」 → 「Dead Space」という順でプレイしていた。 「EXVS ...


Category: ゲーム関連
Published on: 2020/04/25
  • Comment: 0
  • Trackback: 0