「デッドプール2」 - 「マン・オブ・スティール」マイケル・シャノンがケーブル役最有力候補に

MoS_Zod_2017_0323_01.jpg


●「デッドプール2」 - マイケル・シャノンがケーブル役の最有力候補に


「デッドプール2」に登場するケーブル。その役にはファンや原作者が希望する俳優や候補とされている俳優のニュースが出ているが、新たにThe Hollywood Reporterが「マン・オブ・スティール」ゾッド将軍役マイケル・シャノンが最有力候補であると伝えた。

「デッドプール2」は今夏撮影開始。



ケーブルの本名はネイサン・クリストファー・サマーズでX-メンのサイクロプスとマデリーン・プライアーの息子。

能力Wikipedia



ケーブルは強大なテレパシーとサイコキネシスの能力を持って生まれたが、彼がこれらの力を利用できる範囲は彼の登場中ガラッと変わった。元々、両方ともテクノ・ウィルスの感染を抑制する必要性があるため制限された。感染の鎮静の後で、それらは徐々に遺伝子上の同一人物であるネート・グレイのものと同様の地点まで増加した。それらの高さで、彼は同時に、プロビデンスの水上都市を空中に浮揚させ、シルバーサーファーと戦う能力を示した。その話に続き、彼のパワーは焼き尽くされ、そして彼は両方を技術的な代用品に取り替えた。その後、彼は、テレパシーとサイコキネシスの両方が全く落ちていないと述べた。

彼のテクノ・オーガニック・ボディの一部は強さと耐久性を高め、そして、彼のテクノ・オーガニック・アイは人間より高い視力を彼に与え、赤外線スペクトルで見ることができるようにした。また、彼はテクノ・オーガニック・ボディの一部を機械に接続でき、コンピュータにハッキングして、電子ロックを開けたり、時間を旅行するのにそれらを使用する。




前回

「デッドプール2」 - ドミノ役が海外ドラマ「Atlanta」のザジー・ビーツに決定




Source: The Hollywood Reporter(via Super Hero Hype), Cinema Today
Category: X-Men Films & TV Series
Published on: 2017/03/23
  • Comment: 0
  • Trackback: 0