アカデミー賞側のミスで大波乱に!作品賞「ラ・ラ・ランド」と発表されるが「ムーンライト」に、原因は封筒の渡し間違え

moonlight_20177_0227_01.jpg

アカデミー賞側の間違えで、他の賞の封筒をプレゼンターに渡してしまった事によるハプニング!

●第89回第89回アカデミー賞、作品賞は「ムーンライト」


本日のアカデミー賞授賞式でまさかのハプニング。プレゼンターのウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイが作品賞は「ラ・ラ・ランド」と読み上げ「作品賞にラ・ラ・ランド」と発表されたが、それはミスであり、作品賞は「ムーンライト」であった。こうなった原因はアカデミー賞側が間違えて主演女優賞エマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」のカードが入った封筒を渡してしまったからだそうだ。




初めは「ラ・ラ・ランド」あったが








『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーの一人が「間違いがありました。受賞作は『ムーンライト』です。これは冗談ではありません」と本当の受賞作は『ムーンライト』だったと発表した。(Cinema Today





「ムーンライト」に!












マイアミを舞台に、自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描いたヒューマンドラマ。マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンは、学校では「チビ」と呼ばれていじめられ、家庭では麻薬常習者の母親ポーラから育児放棄されていた。そんなシャロンに優しく接してくれるのは、近所に住む麻薬ディーラーのホアン夫妻と、唯一の男友達であるケビンだけ。やがてシャロンは、ケビンに対して友情以上の思いを抱くようになるが、自分が暮らすコミュニティではこの感情が決して受け入れてもらえないことに気づき、誰にも思いを打ち明けられずにいた。そんな中、ある事件が起こり……。母親ポーラ役に「007」シリーズのナオミ・ハリス、麻薬ディーラーのホアン役にテレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のマハーシャラ・アリ。プロデューサーとしてアカデミー賞受賞作「それでも夜は明ける」も手がけたブラッド・ピットが製作総指揮。本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンスがメガホンをとった。(Eiga.com



「ムーライト」 日本では4月28日公開

Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/02/27
  • Comment: 0
  • Trackback: 0