「スーサイド・スクワッド」 - バットモービルでバットマンを待つジョーカーやスケアクロウなど、本編には存在しないシーンやキャラクターのコンセプトアート

suicide_squad_2017_00227_01.jpg


●「Suicide Squad」 - 本編にはなかった物が描かれたコンセプトアート







アカデミー賞のメイク・ヘアスタイリング賞を受賞した「スーサイド・スクワッド」。コンセプトアーティストのエド・ナティヴィダードがコンセプトアートを公開した。その中には本編には存在しないシーンやキャラクターが描かれている。

公開されたイラストの中にはバットモービルでバットマンを待っていたかのジョーカー、ドライブスルーで買い物をするジョーカーとハーレイ、ヘリが撃墜された直後のジョーカー、エンチャントレス側にいるジョーカーといった本編ではカットされたシーンやスケアクロウのコンセプトアートがある。





エンチャントレス側にいるジョーカーは予告に存在したが本編にはなかったジョーカーが手榴弾を転がし「バイバイ」というシーンと恐らく関係があっただろう。














































Source: Batman News
Category: Suicide Squad / スーサイドスクワッド
Published on: 2017/02/27
  • Comment: 0
  • Trackback: 0