「ワンダーウーマン」 - アレス役は「ハリー・ポッター」シリーズ、リーマス・ルーピン役デヴィッド・シューリス、CGIとPractical Effectsで描かれる

wonder_woman_2017_0219_01.jpg


●「Wonder Woman」 - アレス役はデヴィッド・シューリス


先月、フランスの雑誌Studio Ciné Liveで明確となったアレスの登場。ヴィランであるこのキャラはその後フィギュアの画像からその姿の一部が明らかとなった。最近ではシュワルツェネッガーがその役かという噂も出ている。

そんな中、本日Batman Newsが独占としてアレス役の情報を複数から入手した事を発表。

Batman Newsが仕入れた情報によると、アレス役は「ハリー・ポッター」シリーズ、リーマス・ルーピン役デヴィッド・シューリスであるそうだ。また、アレスはメインヴィランでCGIとPractical Effects*で描かれると聞いた伝えている。

まだ見ぬ映像でのアレスの姿、Batman Newsは「次のトレーラーでアレスが出てきても驚かない」と書いた。


新トレーラーに関する情報はこちら

「ワンダーウーマン」 - トレーラー第3弾は近日公開、ファイナル・トレーラーとの噂







*CGIとPractical Effects

VFX(視覚効果)には、わかり易く大きく分けると、

◆Practical Effects(セットや小道具や人形や特殊メイクなど、実際に物体を撮影して生む効果)
◆CG Effects(コンピューターでデジタルの画で作った効果)

(Kaigai Drama Navi)










「ワンダーウーマン」 8月25日日本公開



Batman Newsを信頼して正式発表を待つ事にするか。






Source: Batman News

Category: Wonder Woman / ワンダーウーマン
Published on: 2017/02/19
  • Comment: 0
  • Trackback: 0