「ジャスティス・リーグ」 - サイボーグが第3のマーザーボックスと確定!バットマンとワンダーウーマンはステッペンウルフを食い止めるためにチームをアッセンブル

Justice_League_2016_0817_02.jpg


●「Justice League」 - サイボーグが第3のマーザーボックスと確定!


Total Film掲載の記事にマザーボックスについて書かれてあることが判明した。マザーボックスは「バットマンVSスーパーマン」(以下BvS)で3つのマザーボックスが確認された。「ジャスティス・リーグ」コミコン特別映像でもそれらしき物の1つは確認できる。







記事によると地球には3つのマザーボックスがあり、アトランティス人、アマゾン族、人類の3つの種族が所有しているとの事。

「BvS」でのサイボーグ誕生シーンではヴィクター・ストーン/サイボーグの父サイラス・ストーンがスター・ラボで"US Gov Object 6-19-82"を使用し、息子であるヴィクター・ストーンを蘇えらせようとする。映像では"US Gov Object 6-19-82"がヴィクター・ストーンの体となる所まで確認ができた。これが人類のマザーボックスであるとTotal Filmは明記された。

これまでにも「ジャスティス・リーグ」では"3つのマザーボックス探しを中心に展開する。"と明らかになっている。その為、サイボーグがストーリー上で単なる仲間ではなく、DCエクステンデッド・ユニバースで重要な立場にいる事が判明、この事が海外サイトで話題となっている。

その他にも記事ではバットマンとワンダーウーマンはダークサイドの右腕であるステッペンウルフ(キーラン・ハインズ)を止める為にチームを結成すると、「BvS」では人類の脅威への対抗という感じで表現されていた結成の目的がハッキリとなった事が確認できる。


関連

「ジャスティス・リーグ」 - 押さえておきたい14のポイント!









あらすじ

人間への信頼を取り戻し、スーパーマンの自己犠牲の行動に触発されたブルース・ウェイン / バットマン。彼は新しい仲間ダイアナ・プリンス / ワンダーウーマンの協力を得て新たな脅威に立ち向かう。バットマンとワンダーウーマンは脅威に対し早急にメタヒューマンを見つけチームを作ろうと活動するが、バットマン、ワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグ、フラッシュというヒーロー達によるこれまでにないリーグでも既に壊滅的な攻撃から地球を守るのは遅すぎたのかもしれない。



「Justice League / ジャスティス・リーグ」2017年冬 日本公開



真剣に追いかけている人には「わかってる」という感じの記事。海外サイトの見出しを見ていて「なぜ、今更注目されてるの?」という感じで初めは読んだ。しかし読んでみて結論にサイボーグの重要性を書いていたのが興味深いし、この映画が公開された際も重要性を理解した上で映画が楽しめるなと思った。こういう記事が出るのと出ないのとでは今後のサイボーグやマザーボックスへの興味の持ち方が違う。そのため面白い記事であったと思ったので、わかっている人にはくどい内容であったかもしれないが紹介しました。






前回

「ジャスティス・リーグ」 - チームについて語るザック・スナイダー監督、エズラ・ミラーやジェイソン・モモアの実生活の関係も作品に反映





Source: Heroic Hollywood, Comic Book, Reddit
Category: Justice League / ジャスティスリーグ
Published on: 2017/02/08
  • Comment: 0
  • Trackback: 0