「キングコング:髑髏島の巨神」 - 日本版ポスター公開、「スタイリッシュ」、「素晴らしい」と海外反応も良好!

kong_si_2017_0207_01.jpg


●「キングコング:髑髏島の巨神」 - 日本版ポスター公開



3月25日日本公開の「キングコング:髑髏島の巨神」。海外公式Twitterのキャラクター紹介映像も話題となる中、本日、日本で本編プレゼンテーションが行われた。


ジョーダン・ボート=ロバーツ監督が出席しプレゼンが行われ、MIYAVIのカメオ出演の発表も行われた。そのプレゼンテーションで公開された怪獣絵師・開田裕治によるポスターが紹介される。監督の公式Twitterや海外サイトなどでも紹介され、「スタイリッシュなデザイン」とSuper Hero Hypeは紹介し、監督のツイートによる返信には「素晴らしい」といった称賛の感想が出ている。

ハリウッド版「ゴジラ」や「キングコング」のユニバースは"MonsterVerse(モンスターバース)"であるという事が確認され、ギャレス・エドワーズ監督の「ゴジラ」(2014)が第1弾で、「キングコング:髑髏島の巨神」が第2弾となっている。モスラ、ラドン、キングギドラが登場すると見られている第3弾「Godzilla: King of Monsters / ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ」は2019年3月22日全米公開予定。翌2020年5月29日には第4弾の「Godzilla vs. Kong / ゴジラVSコング」が全米公開されゴジラとキングコングがぶつかる。

関連

ハリウッド版「ゴジラ」続編 - 監督がマイケル・ドハティに決定、キングコングとのユニバース名も明らかに



































究極の“神”バトルに向け―
最大にして"最凶×最強×最恐"の王キングコング、覚醒!

それは簡単な任務のはずだった…。未知の生物を求め、調査遠征隊が謎の島に潜入する。しかし、そこは人が決して足を踏み入れてはいけない場所、髑髏(ドクロ)島だった。島に着くやいやな、状況は一変する。島には至るところに、骸骨が散らばり、そして岩壁には血塗られた巨大な手跡までも。そして、遂に姿を現す神なる存在、巨大なる王コング。正体不明の巨大生物達。人間は為すすべもなく、逃げ惑うのみ。
髑髏島の秘密とは―。彼らは島から生きて脱出できるのか―。果たして、コングは人類の敵なのか、味方なのか―



「キングコング:髑髏島の巨神」2017年3月25日公開




モンスターバースで公開されているのはハリウッド版リブート「ゴジラ」だけなので、この作品から興味を持った人でも余裕で追いつけます。






Source: Super Hero Hype
Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/02/07
  • Comment: 0
  • Trackback: 0