「映画化をしなかったのはマーベルにとって大きな間違い」と「インヒューマンズ」ドラマ化に対し、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」グルート役ヴィン・ディーゼル考えを語る

inhumans_2015_1013_01.jpg



●「インヒューマンズ」ドラマ化に対し、ヴィン・ディーゼル考えを語る


映画で製作される予定だったがドラマとなり、監督決定など新情報が増えつつある「インヒューマンズ」。
映画版の際はブラックボルト役とされてきた「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」グルート役のヴィン・ディーゼルが映画化をしなかったマーベルに対して残念に思う気持ちを述べた。

関連: インヒューマンズのブラック・ボルト役か? - 「マーベルは私に声が無いキャラを演じて欲しい」とヴィン・ディーゼル



「(「インヒューマンズ」は)巨大な巨大な物語になったと思う。私にもっと時間があればマーベルに行き、もっと話し合っただろう。クールなユニバースになっただろうに、映画化という熱意や目的、ゴールを放棄したのはマーベルにとって大きな過ちだと私は思う」





「インヒューマンズ」は2017年9月26日にアメリカにて放送開始。ドラマに先駆けIMAXシアターにて第1話と第2話が先行上映される。先日第1話と第2話の監督がロエル・レイネ(「デスレース2」、「デスレース3」等)に決定した事が発表された。ショーランナーはNetflixのマーベルドラマ「アイアンフィスト」でもショーランナーを勤めるスコット・バック(「デクスター ~警察官は殺人鬼」)。

キャストは現在不明、「GotG」ジェームズ・ガン監督はドラマ版にヴィン・ディーゼルに出演してもらうには「多額のギャラをヴィンがカットする必要がある」と語っている。

関連: 「インヒューマンズ」 - ブラックボルト役にヴィン・ディーゼルは期待できない事を語る「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ジェームズ・ガン監督




元は映画作品で予定されていた作品の為、完成したドラマのデキが良くても悪くても「これが映画だったらなあ。もっと良い物になれた」という言葉が付きまとうかもしれない。ドラマ化の経緯は知らないが、この発言が例に使われ「もっと話し合いをしておけば」と言う人も出てくるかもなと思いました。








前回

マーベル原作TVドラマ「インヒューマンズ」 - 新情報、撮影開始は3月、9月26日放送開始





Source: Comic Book Movie
Category: Marvel Cinematic Universe / MCU (映画)
Published on: 2017/01/23
  • Comment: 0
  • Trackback: 0