「ローガン」 - これまでのX-Menユニバースとは違うユニバースとヒュー・ジャックマン語る

logan_2017_0122_01.jpg


●「Logan」 - これまでのX-Menユニバースとは違うユニバースとヒュー・ジャックマン語る


ヒュー・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン作品となる「ローガン」。Digital Spyのインタビューに対してヒュー・ジャックマンがユニバースが別である事を語った。

"映画を全て見た後にわかるかと思います。タイムラインとトーンの点で異なるだけでなく、わずかに違うユニバースだと。異なるパラダイムだとはっきりとわかるでしょう。"





そして、ヒュー・ジャックマンは異なるユニバースになった理由を説明している

"僕はこれが(ウルヴァリンとして)最後の作品だと言い、スタジオ側は君のやりたいようにやりなさいと言った。ジェームズ・マンゴールド(監督)と私は空白のキャンバスを手に入れたので、私たちは本当に違う何かを作りたいと望んだ。僕は全くトーンが違う作品、「レスラー」や「許されざる者」というのを考えていたんだよ。"





続けて「ローガン」は他のユニバースとは関連性のないスタンドアローン(独立、単独)作品である事を強調した。

"色んな意味でスタンドアローン映画です。他の(「X-Men」)映画からタイムラインやストーリーラインに頼らない。パトリック・スチュワートがいていくつかのクロスオーバーはあるけれども、全く違っていて新鮮だと感じるでしょう"









シリーズとの一体感がないのは寂しいところだが、これまでの「ウルヴァリン」映画も本伝となる作品に強く密接しているように感じなかったので、これで良いかなと思った。ユニバースが別という事でこれから出るX-Men作品も未来を描く「ローガン」の内容に縛られる事が無くていいかもね。







前回

「X-Men」ウルヴァリン・シリーズ「ローガン」 - X-23のアクションシーンも盛り込んだ新トレーラーやスチル等を公開





Source: Digital Spy(via Super Hero News, CBM, Heroic Hollywood)


Category: X-Men Films & TV Series
Published on: 2017/01/22
  • Comment: 0
  • Trackback: 0