トーマス・ギブソンではなく、亡くなられたミゲル・ファーラーがデスストロークを演じるDCアニメ「ティーン・タイタンズ」新作のキャストが発表

teen_titans_jc_2017_0121_01.jpg


●DCアニメ「ティーン・タイタンズ」新作のキャストが発表


DCコミックスと ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントによるアニメ新作「Teen Titans: The Judas Contract」のキャストが発表された。

テラを演じるのはマーゴット・ロビーもレギュラー出演したドラマ「PAN AM/パンナム」のクリスティーナ・リッチ。そして、スレイド・ウィルソン/デスストロークも登場する。デスストローク役は「Son of Batman」で演じたトーマス・ギブソン(「クリミナル・マインド」)ではなく、亡くなられた事が報じられたばかりのミゲル・ファーラーがデスストロークを演じる。

ミゲル・ファーラーは「ツイン・ピークス」、「ロボコップ」に出演。「ツインピークス」新作の撮影は終了しているので、これが最後の作品になると思われる。「ヤング・ジャスティス」ではバンダル・サベージの声を演じた。




以下その他声優(詳しい人にはお馴染みの人達といった所か、*日本語表記省略)
Sean Maher as Dick Grayson / Nightwing
Kari Wahlgren as Koriand’r / Starfire
Jake T. Austin as Jaime Reyes / Blue Beetle
Taissa Farmiga as Raven
Brandon Soo Hoo as Garfield Logan / Beast Boy
Stuart Allan as Damian Wayne / Robin


teen_titans_jc_2017_0121_02.jpg



リリース日は書かれていなかった。それにしてもトーマス・ギブソンが無理だったのって、「クリマイ暴力解雇事件が響いているのかな?」と思いました。ギャラで折り合いがつかなかったといった別の理由なのかな。






Source: Super Hero Hype, iMDB
Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/01/21
  • Comment: 0
  • Trackback: 0