「ジャスティス・リーグ」 - 舞台裏写真よりフラッシュの舞台となるセントラル・シティの存在が確認される

justice_league_2016_0726_01.jpg


●「Justice League」 - セントラル・シティの存在が確認される


英国撮影監督協会(British Society of Cinematographers、BSC)がFacebookに投稿した「ジャスティス・リーグ」の舞台裏写真より「ザ・フラッシュ」の舞台で有名なセントラル・シティの存在が明らかとなった。

写真に映る標識には「City Limit:CENTRAL CITY」と書かれており、その隣にはフラッシュのスピードととかけてのザック流のジョークなのか速度を規制する「Speed Ahead」の文字が書かれた標識が確認できる。








写真に映っているのは撮影監督のファビアン・ワグナー。以前にクレイ・イーノスが投稿した写真にもファビアン・ワグナーは映っている。



関連

「Justice League / ジャスティス・リーグ」 - 「アレに使え」と言っているようにしか思えない撮影現場のザック・スナイダー監督の写真が公開









あらすじ

人間への信頼を取り戻し、スーパーマンの自己犠牲の行動に触発されたブルース・ウェイン / バットマン。彼は新しい仲間ダイアナ・プリンス / ワンダーウーマンの協力を得て新たな脅威に立ち向かう。バットマンとワンダーウーマンは脅威に対し早急にメタヒューマンを見つけチームを作ろうと活動するが、バットマン、ワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグ、フラッシュというヒーロー達によるこれまでにないリーグでも既に壊滅的な攻撃から地球を守るのは遅すぎたのかもしれない。



「Justice League / ジャスティス・リーグ」2017年冬 日本公開




コミコン・トレーラーではブルースがスカウトをする為にバリーの元へ行っているから、セントラル・シティが映ってもおかしくはない









前回

「ジャスティス・リーグ」 - 日本公式、エズラ・ミラーのフラッシュ推し、ビジュアルを公開




Source: Comic Book

Category: Justice League / ジャスティスリーグ
Published on: 2017/01/20
  • Comment: 0
  • Trackback: 0