ハリウッド版「進撃の巨人」のニュースに対し、「コメントできない、誤り」と講談社

attack_on_titan_2017_0119_01.jpg


ハリウッド版「進撃の巨人」のニュースに「コメントできない、誤り。」と講談社


ワーナー・ブラザースが「進撃の巨人」の映画権獲得に向け交渉を行っていおり、プロデューサーに「ハリー・ポッター」シリーズや「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」等を手掛けたデヴィッド・ハイマンというニュースをDeadlineが伝えた。

この事に対しシネマトゥデイは講談社へ行い、広報室担当者は「映画化について交渉を進めている作品はさまざまある」、「契約交渉中のものについてはコメントできない」、「Deadlineの報道は誤り」という回答を得、"「進撃の巨人」ハリウッド版報道は「誤り」講談社担当者が明言"と報じた。







「契約交渉中のものについてはコメントできない」と「Deadlineの報道は誤り」が並ぶのがややこしいね。CBMのコメント欄にもこの人がこのキャラにいいという実写キャスト希望が書かれていた。気になる人はチェックしてみてね。









Source: Deadline(Via Super Hero Hype), Cinema Today
Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/01/19
  • Comment: 0
  • Trackback: 0