「ヘンリー・カヴィルと行うべきではなかった」と、Sad Afflek(サッド・アフレック)についてついに語るベン・アフレック、盗んだバットラングの行方も明かす

sad_afflek_2017_0108_01.jpg


●Sad Afflekについて語るベン・アフレック


「バットマンvsスーパーマン(BvS)」への批評家からのロッテントマトの支持率を見て、ベン・アフレックが悲しむコラ動画「Sad Afflek(サッド・アフレック)」。ベン・アフレックの表情とサイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」が相まってかつて話題となったが今も記憶に新しい。

"Ben Affleck responds to Sad Affleck(サッド・アフレックについて応じるベン・アフレック)"というBBC Radio 1のインタビュー動画で「自分が何も言えなくてサイモン&ガーファンクルの曲を重ねる事が出来る所でヘンリー・カヴィルと共にインタビューを受けてはいけないという事を教わった。」とサッド・アフレックについてベン・アフレックはジョークで答えた。

そして以前新バットマン役ベン・アフレック窃盗を告白、「俺はシラを切って飛び去った」の記事で伝えたベン・アフレックがパクったと告白したバットラングだと思われる物についての行方も話している。ベン・アフレックは映画で使われたレプリカのバットスーツをマネキンに着せ、バットラングも自宅で保管しているそうだ。

その他にも、最近のテクノロジーから映像技術について多くの事を学んだと語った。









「Sad Afflek」の事を本人も知っていたと判明。バットラングはやはりパクっていた様子。「BvS」で学んだ映像技術をどう「The Batman」で活かしてくれるのか、楽しみになりました。







前回

「バットマンVSスーパーマン」 - スーパーマン役ヘンリー・カヴィル、バットマンとの対決シーンの撮影現場写真を投稿




Source: Batman News, Screen Rant

Category: Batman v Superman / バットマン VS スーパーマン
Published on: 2017/01/18
  • Comment: 0
  • Trackback: 0