バットマン単独映画「The Batman」 - 監督を行う上での問題点を語るベン・アフレック、「バットスーツの改良が必要」

bvs_2016_0926_00.jpg


●「The Batman」 - 監督を行う上での問題点を語るベン・アフレック


「The Batman」で監督を行う上での問題点をUSA Todayに対しベン・アフレックは語った。

「監督を行う際にはもう少し簡単に着替えられるスーツに改良する必要がある」とバットスーツの問題点について触れた。「あなたがスーツを着たとする。あなたは汗をかき、気かおかしくなり、疲労するはずだ。役を演じて立ち去るならいいけれど、あなたが監督であるならばそうはいかない。質問に答え、みんなとその場にいなければならない。」と監督を行う事を考慮した問題点を説明した。

そして「バットマンを行う上での一番の課題はより快適なスーツを見つける事さ」と語った。

ちなみに新バットマンに決まった後、ベン・アフレックは「自分でしょんべんできるようにした方が良い」と誰かの手を借りないと脱げないスーツ大変さをクリスチャン・ベールから教えてもらっている


「The Batman」の公開は2018年とされている。




bvs_2016_0318_00.jpg

ベン・アフレックは監督を行い、「デアデビル」、「バットマンVSスーパーマン」、「ジャスティス・リーグ」でヒーロースーツを着た経験のあるので、「何が問題なのかが明確にわかっているから語れるんだな」と思い読んでいました。












前回

バットマン単独映画「The Batman」 - ベン・アフレック新たに「監督やるよ」とTVで回答、さらに不安を払拭!






Source: Comic Book, Batman News
Category: The Batman / バットマン
Published on: 2017/01/15
  • Comment: 0
  • Trackback: 0