バットマン単独映画「The Batman」 - 「脚本をより良くする必要がある」とベン・アフレック、現在も取り組んでいる事が判明

Bvs_2016_0918_00.jpg


●「The Batman」 - 「脚本をより良くする必要がある」とベン・アフレック


現地時間1月6日に行われた「夜に生きる (原題: Live by Night)」のプレスジャンケット。IGNはベン・アフレックに対しインタビューを行い、ベン・アフレックはバットマン単独映画の脚本について答えた。

「今、素晴らしいのがある。もっともっと良くする必要があるね。」と語り、「(「夜に生きる」が)世に出るまで1年強近くかかった。バットマンの場合は上手くいけばそれほど時間はかからない。現在取り組んでいます。進んでいると思うし、みんな興奮してるよ」とバットマン単独映画が前進している事も語った。





「The Batman」は2018年に公開とされている。



年明け早々に「決まった事ではなく、脚本がない。」と上手く事が運んでいないと考えられるベン・アフレックのコメントが出たが、今回のこの1月6日に行われたインタビューでベン・アフレックが依然バットマン単独映画に力を注いでいるのが判明。現在の進捗状況がどれくらいの所なのかという具体的な事はわからなかったが、良くない情報が続けて出ていた為、進んでいる事がわかっただけでもとても良い情報だったと思う。









前回

「The Batman」 - 製作延期、撮影開始は真夏にという噂






Source: Batman News
Category: The Batman / バットマン
Published on: 2017/01/10
  • Comment: 0
  • Trackback: 0