「ドクター・ストレンジ」 - Blu-ray & DVDの米発売日は2月、スチールブックのデザインも明らかに

Doctor_Strange_2017_0104_02.jpg


●「ドクター・ストレンジ」 - Blu-ray & DVD、米発売2月に


日本では今月27日公開の「ドクター・ストレンジ」。海外では10月末から公開され公開国では日本が最後となる。現在の世界興収 6億5784万ドルで、2016年公開映画の世界興収で第11位となっている。

またマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品内で比較すると主人公がソロの単独作品第1作目において「ドクターストレンジ」の世界興収は「アイアンマン」、「アントマン」等を抜くという好調な成績を収めている作品だ。







その作品のBlu-ray & DVDの全米発売日が2017年2月28日であるとBest Buyの予約で明らかとなった。同時にBest Buy限定のスチールブックも発表された。

Doctor_Strange_2017_0104_01.jpg

デザインされているのはドクター・ストレンジが身に着けているアガモットの眼。スチールブックの価格は$34.99。Best Buyの予約ページはこちら




MCU版でのアガモットの眼は重要なキーアイテムである。日本公式Twitterがその事を語った際には「そのツイートを消せ」という声も上がった。しかし、海外公式でも映像付きでアレだとわかるツイートをしており、マーベル公式からそれを指し示す映像まで出ているので、この件に関しては日本公式がわかりやすく説明しただけの話であると思う。

その日本公式Twitterによるツイートはこちら(クリック注意、このツイートに対する意見にある「寒いギャグはまだ多目にみますが、ネタバレはしないでくださいよ」の「寒いギャグ」は僕も同意。ツイート出だしの文字装飾が好きになれない。)

このブログではこの記事がそれにあたる。上記で触れた海外公式情報もこちら。

「Doctor Strange / ドクター・ストレンジ」 - ●●●●●●●による力か?ドクター・ストレンジの能力を映した新映像 & これまでのインフィニティ・ストーンや残るソウル・ストーンに関しての予想





原作では

アガモットの眼(アガモットの魔除けの中に存在し、ドクター・ストレンジの喉元に装着されている)これは強力かつ多機能であり、貴重な宝である。その眼を利用して、ストレンジは嘘や騙し、錯覚を見透かすことができる。また、アガモットの眼を光の速度で移動させ、あらゆる莫大なエネルギーを妨害、吸収し、人々を自身の錯覚から解放することができる。アガモットの眼があれば視力が大幅に上がり、最も強力とされているテレパシー能力者にも引けを取らない能力が備わるのだ。また、ある地域で起きた過去の出来事を再生したり、念力で何千ポンドもの重量を空中に持ち上げたり、次元の入口を開通したり、生物を仮死状態へと追いやったりすることもできる。その他にも、超能力または魔術を発信し、実体の居場所を追跡することも可能だ。アガモットの眼から放射される光は、悪魔やアンデッド、暗黒の多次元実体、ダークマジックを使用する不道徳な人間など、あらゆる邪悪な存在の力を弱めることもできる。攻撃的な方法で使用された場合、その光を長時間耐えられる者はいない。その致命的な効果により、この武器は最後の手段として利用されることが多い。アガモットの眼は、アガモットの魔除けと同じ次元で繋がっていると見られ、現役のソーサラーまたはソーサレス・スプリームがその多大な任務を果たすための手助けとして与えられる。その魔除けは、純粋な心と綺麗な魂を持つ者しか使うことができない。
Marvel Wikia







参考としてシリーズ前作となる「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の日本公開日は2016年4月29日でMovie Nex発売日の発表は7月上旬、Movie Nexの発売は9月16日であった。















前回

「ドクター・ストレンジ」 - ヤクルトとタイアップ、映画内の商品露出で世界へアピール【海外CM映像あり】 & スタン・リーから日本のファンへの特別メッセージ映像






Source: Heroic Hollywood
Category: Marvel Cinematic Universe / MCU (映画)
Published on: 2017/01/04
  • Comment: 0
  • Trackback: 0