「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 - オープニングクロールはなしと監督明言 & 今作に"新たなる希望"はなし!?続編はないとルーカスフィルム社長

star_wars_ro_2016_1107_00.jpg


●「ローグ・ワン」にオープニングクロールなし

「ローグ・ワン」にはオープニングクロールがないであろう事に関してルーカスフィルム社長兼CEOのキャスリーン・ケネディが先月末語った事がニュースになる。

『ローグ・ワン』には「高い確率で」いつものオープニングクロールがないことになるんだそう。

「我々はこれはサーガ特有のものだと感じているのです」、「しかしこれがどう発展するのか、それはまだ完全に決定してはいません」とケネディ。Lucasfilmとしてもスピンオフにはメインシリーズとは違う味を出したいということもあり、きっちりと分けるにはあながち悪いアイデアではないかもしれません。(Gizmode





"それはまだ完全に決定してはいません"と確定ではなかったが今作の監督であるギャレス・エドワース自身がハッキリとないと明らかにした。

「オープニングクロールはないよ。しかし、今作の始まりには本編より15年前を舞台としたプロローグがあって、これが展開を明らかにするんだ。今作はエピソード4のテキストを元にした作品なので、この作品にテキストを与えてしまうと終わりがなくなってしまう。私達はローグ・ワンを後のサーガと区別しなければならなかったんだ。」

キャスリーン・ケネディが"スピンオフにはメインシリーズとは違う味"、監督が"ローグ・ワンを後のサーガと区別しなければならなかった"という事でスピンオフである為、メインシリーズではお馴染みのオープニングクロールがない事になったようだ。

「ローグ・ワン」はエピソード3と4の間を描くストーリーではあるが、ギャレス・エドワース監督は"エピソード4のテキストを元にした作品"と言っているので、メインシリーズの中でもエピソード4をもう一度見ておくとより一層面白く楽しめるかもしれない。







見る時間がない人はエピソード4のオープニングクロールで思い出して欲しい。

エピソード4
新たなる希望


時は内乱の最中である。秘密基地を発った反乱軍の宇宙船団が、邪悪な銀河帝国軍に対して初の勝利を収めた。
この戦いで、反乱軍のスパイは帝国軍の究極兵器の設計図を奪取することに成功する。それはデス・スターと呼ばれる、惑星をも完全に破壊できる力を持った巨大宇宙ステーションだった。
設計図を受け取ったレイア姫は、人々を救い、銀河系に平和を取り戻すべく、自船で故郷へと向かうが、帝国軍の密使に発見されてしまったのだった・・・
スターウォーズの鉄人







●「続編はない」とルーカスフィルム社長

「ローグ・ワン」に続くのはエピソード4の「新たなる希望」だが、残念な事に「ローグ・ワン」にはある意味"新たなる希望"がないという事が明らかとなった。興行成績が良くても続編を作る計画はないそうだ。

ケネディ氏はEmpire Magazineの最新号( /Filmが内容を紹介)で、「ローグ・ワン」の興行成績の良し悪しに関わらず、フェリシティ・ジョーンズ扮するジン・アーソのその後を描く続編を作る計画はないと明言している。(IGN







主人公ジン・アーソはどうやらカンフーの達人らしい。

11月30日、米国の深夜トーク番組The Tonight Show(ザ・トゥナイト・ショー)にジン役のフェリシティ・ジョーンズが登場し、「ローグ・ワン」の撮影のためにカンフーのトレーニングを受けたことについて語った。ジョーンズが司会者のジミー・ファロンを相手にカンフーを実演してみせた後、ジン・アーソがストームトルーパー相手に戦う「ローグ・ワン」の劇中シーンが流された。(IGN)


(クリップは03:10から)



「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」12月16日(金)公開



「続編の実写は無理でもCGアニメってのはどうよ。」と思った人もいるはず。CGアニメ「スター・ウォーズ 反乱者たち」も「ローグ・ワン」と同じくシーズン3とシーズン4との間を描いた作品。明日9:30 AMよりDlifeではシーズン2の最終話が放送、予告によるとダースベイダーが登場する(ダース・モールも出ているぞ)。お見逃しなく!






前回

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 - 新トレーラー & 和テイストのポスターと3種類の新IMAXポスターが公開





Source: Comic Book Movie
Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2016/12/03
  • Comment: 0
  • Trackback: 0