映画「アサシン クリード」 - DNAから遺伝子記憶を読み解く装置を繋がれる主人公のクリップ & TVスポット

Assassins_Creed_2016_1018_01.jpg


●映画「アサシン クリード」 - クリップ & TVスポット

DNAから先祖の記憶(遺伝子記憶)を読み解く装置「アニムス」にマイケル・ファスベンダー演じる主人公のカラム・リンチが接続されるシーンが公開。

原作から察するにアニムスに接続される事によりカラムは祖先の記憶を追体験。自分の祖先がルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団に属する伝説のアサシンだったと知る事になるシーンであろうと思われる。












映画「アサシン クリード」 2017年3月3日日本公開



チェック:世界的なヒットを記録したゲーム「アサシン クリード」を、新たなキャラクターとストーリーで実写映画化したミステリーアクション。遺伝子操作によって、スペインでアサシンとして活躍した祖先の記憶を追体験させられる男が、歴史に隠された謎に挑む姿を描く。主人公とその祖先をマイケル・ファスベンダーが演じるほか、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズらが共演。監督は『マクベス』でマイケル、マリオンとタッグを組んだジャスティン・カーゼルが務める。

ストーリー:記憶を失った死刑囚のカラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は、謎の施設に送り込まれ、遺伝子操作によって自分の祖先の記憶を追体験させられる。祖先は、スペインでテンプル騎士団に立ち向かう伝説のアサシン(暗殺者)であり、禁じられた秘宝“エデンの林檎”のありかを知る人物だった。(Cinema Today












前回

「アサシン クリード」 - 国内設定解説映像「アサシン教団の伝説」 & 海外ポスターリリース

Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2016/11/29
  • Comment: 0
  • Trackback: 0