ダニエル・グレイグ、「007」ボンド役引退報道 - 2作品100億円越えのオフォーを断る & 噂される次期7代目ボンド候補のおさらい

007_spectre_2015_03_18_06.jpg






●ダニエル・グレイグ、「007」ボンド役引退報道

2006年「カジノ・ロワイヤル」~2015年「スペクター」まで4作品でボンド役を演じたダニエル・クレイグ。「スペクター」時には「もう1本契約が残っている」と続投の可能性がある事が伝えられていたが引退報道があった。2作品の追加、約108億円でのオファーを断り、関係者より「本人が望んでいない」とするニュースが報じられた。





過去4作品で人気スパイシリーズ『007』の主人公ジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグが、6,800万ポンド(約108億8,000万円・1ポンド160円計算)でもう2本、ボンド役として出演してほしいというオファーを断ったという。

同社関係者は Daily Mail 紙に「ダニエルは純粋にやりきったんです。MGMの幹部と『007 スペクター』の後に話したみたいです。幹部はダニエルにかなり高額の金額を提示していましたが、ダニエルは(続投を)望みませんでした」と語ったという。また「彼は撮影後、みんなにこれが最後になるって言っていました。会社は『007 スペクター』の後も金額次第で交渉ができると考えていたようですが」とも続けたとのこと。









7代目ボンド候補

改めて次期ボンド候補を整理したい。次のボンドとして囁かれているのがイドリス・エルバ、ダミアン・ルイス、トム・ヒドルストン等の名が挙がっている。




初の黒人ボンドなるかと言われたイドリス・エルバ(「刑事ジョン・ルーサー」、「マイティ・ソー」)は自身によって「噂話にすぎない。」と誰とも正式な話をしていない事を明らかにしている。







大手ブックメーカーオッズで1番人気となったダミアン・ルイス(「Homeland」、「ウルフホール」)。複数の英紙が一斉に内定と報じられたが、その後ニュースはなし。






最近、話題となっているのがトム・ヒドルストン(「マイティ・ソー」、「Night Manager」)。スパイドラマ「Night Manager」の評判が良く、サム・メンデス監督とミーティングした事が先日伝えられた。
















「Homeland」のブロディーがとても良かったし、「ウルフホール」での評価も良し、ダミアン・ルイスで見たいな








Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2016/05/19
  • Comment: 0
  • Trackback: 0