スカーレット・ヨハンソン、噂のブラック・ウィドウ単独映画について「タイミング」が鍵だと語る

Black_Widow_2017_0214_01.jpg


●スカーレット・ヨハンソン、噂のブラック・ウィドウ単独映画について語る


以前よりファンに期待され、マーベル・スタジオのケビン・ファイギ社長もやりたいとする「ブラックウィドウ」噂のあるブラック・ウィドウ単独映画。スカーレット・ヨハンソンがTotal Film Magazineに単独映画について語った事が話題になっている。

単独映画化が実現するのに重要なのは"タイミング"とスカヨハは語る。スカーレット・ヨハンソンとマーベルの都合が付くかどうかだそうだ。シネマトゥデイが語った事の翻訳をアップした。



「ケヴィン・ファイギとそのことについて話したことがあるわ。私達はクリエイティブ面でも一致した意見を持っていた。そのキャラクターが単独映画にふさわしいということでね。ただ現段階で、マーベルと私の都合がついていないということなのよ」と裏事情を明かす。

「マーベルは本当に莫大な数のキャラクターを抱えているわ。4年後までの見通しもすでに立っているし。私自身にもやりたいことがたくさんあるの。もしブラック・ウィドウの単独映画を製作するなら、素晴らしいものにするため、自分自身を完全に捧げるつもりだわ。これ以上はないってくらい最高の出来栄えの映画にしなくてはいけないと思うの。そうじゃなきゃ、私はやらないと思うわ」と意気込みを見せる。


(上記の太字原文ではI think we both agree that the character is right for a standalone, it’s just a case of timing at this point for both Marvel and myself. となっている。)


スカーレット・ヨハンソンが演じるブラック・ウィドウは2018年5月4日全米公開の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に登場すると思われる。




スカーレット・ヨハンソン主演の「ゴースト・イン・ザ・シェル」は4月7日(金)日本公開











Source: Comic Book Movie, Heroic Hollywood, Cinema Today
Category: Marvel Cinematic Universe / MCU (映画)
Published on: 2017/02/14
  • Comment: 0
  • Trackback: 0