北米公開開始の「ジョン・ウィック: チャプター2」 - ロッテントマト支持率91%、Metacriticスコア76

John_Wick_C2_2016_1219_01.jpg


「ジョン・ウィック: チャプター2」 - ロッテントマト支持率91%、Metacriticスコア76


前作のオープニング興収を凌ぐ結果が出るであろうと予想されている「ジョン・ウィック: チャプター2」。興収結果は月曜日辺りに判明するが、すでに判明している素晴らしい結果がある。ロッテントマトでの支持率だ。


ロッテントマトでは110人以上がレビューした中、支持率91%と超素晴らしい支持率、Average Rating: 7.3/10となっていて、一般支持率も94%でAverage Ratingも4.5/5という見事な結果。期待が高まる。Metacriticのスコアは76、ユーザースコアは8.2/10となっている。同日に北米公開された「レゴ バットマン・ザ・ムービー」の批評家による現在の支持率・スコアと近い結果であった。一般では「ジョン・ウィック: チャプター2」 の方が「レゴ バットマン・ザ・ムービー」より高い支持率・スコアになっている。


ロッテントマト

john_wick_c2_2017_0211_01.jpg



Metacritic

john_wick_c2_2017_0211_02.jpg



公式Twitterでは公開が始まった事やロッテンでフレッシュの支持率を得た事がアピールされている














あらすじ

「影の国際暗殺者ギルドを掌握しようとするかつての仲間によって引退から戻される事になるジョン・ウィック。血の誓いにより彼を助ける為、ローマへ向かい世界最悪の暗殺者達と戦う事に」





「ジョン・ウィック: チャプター2」の日本公開は7月7日とまだまだ先。日本からは「安心して待てる」、もしくは「待てねぇ、早く公開しろ」という声が多く上がるはず。



Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/02/12
  • Comment: 0
  • Trackback: 0